足の太さに悩んでいる女性は、少なくないはずです。一般的な太さがどうこうというよりも、自分の理想とするシルエットを手にいれてみたいものです。そこで今回は、足が痩せる運動や自宅でできるセルフケアについて解説します。
まず運動ですが、何よりも『歩く』ことはとても大切です。特にデスクワークなど座りっぱなしの仕事をしている人や、逆にずっと立ちっぱなしの業務にあたっている方はたくさん歩いた方が良いです。よく『1日一万歩』と言いますが、あまり過度に歩くのも関節等によくないとされているので、せめて平日でも8,000歩ほどは歩くようにするのが健康的です。歩くことによってふくらはぎのポンプ作用が活性化し、余分な水分や老廃物が足元に溜まりにくくしてくれるため足がほっそりと痩せるという効果が期待できます。またふくらはぎや太ももの筋肉トレーニングも有効ですが、あまり頑張りすぎても筋肉痛などが起きてしまいますし長く続かないことも考えられます。軽く自宅でスクワットを行う程度にしておいた方が、細く長く続けることができ結果的に細いシルエットを手に入れることに繋がります。体力に余力があれば、ランニングを行うのもおすすめです。歩くことによるポンプ作用を大幅にアップした負荷がかかるわけですが、多くのランナーはほっそりとした足をしているため『走る=足痩せ』であることは疑う余地がないと思います。
自宅で行うセルフケアについては、何をおいてもストレッチとマッサージです。どちらもお風呂上がりの体が温まっている時に行うのが効果的です。ストレッチは特に足の裏側を伸ばすように意識して行うと、老廃物が潤滑に流れていき細いシルエットを手にいれやすくなるのでおすすめです。マッサージはオイルやクリームを使い、足先から付け根にかけてリンパの滞りを流すように圧をかけ、しっかり行うことが有効です。痛みを感じるところやコリコリとした塊があるところは、リンパのつまりや老廃物の滞りがあるので重点的にほぐしましょう。
毎日の少しのケアで、ほっそりとした美脚を手に入れることは十分に可能なのです。