痩せたい部位は人それぞれ違いがありますが、顔に余計な肉がついていることで悩む人は少なくありません。ピンポイントで痩せることは難しいとも言えますが、努力次第ではより引き締まったフェイスラインになることが期待できます。まず、顔が大きく見える原因のひとつには、脂肪がたっぷりとついていることがあげられますが、短期間で効果を得るのであれば脂肪吸引や脂肪溶解注射などが役立ちます。
美容医療に頼らずに、余計な肉を落としたいという場合はマッサージなどで地道な努力を続けていきましょう。ハンドマッサージでの引き締めの他には美容ローラーや美顔器なども役立ちます。
顔が大きく見えている原因は、実は脂肪がついているのではなく、むくみが原因していることもあります。この場合は余計な水分や老廃物を排出することですっきりとしたフェイスラインを得ることが期待できます。リンパマッサージは自宅でも手軽に行えますので、メイク前などの毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。より高い改善効果を得るのであればエステサロンのフェイスマッサージも役立ちます。
さらに、脂肪ではなく筋肉がついて顔が大きくなっている人もいます。エラの発達は骨格が原因していることもありますが、咬筋の発達が原因していることも少なくありません。歯ぎしりや食いしばりのクセがある人は、咬筋がムダに発達してしまっている可能性がありますので、食いしばりのクセの改善も考えていきましょう。
即効性を期待するのであれば、筋肉を細くする効果のあるボトックス注射も効果的です。この場合は、注射だけなので顔に傷が残る心配はありません。効果も少しずつ現れていきますので、急激な変化ではなく自然な痩身を得たい人にも向いています。
この他では表情筋の衰えが顔を大きく見せていたり、たるみにつながっている場合もあります。この場合は衰えている表情筋を鍛えることで改善が期待できますので、エクササイズなども取り入れてみましょう。