ダイエットをしたい人気箇所と言えばお腹です。特に女性の場合、ある程度の年齢に差し掛かると太りやすくなり、尚且つ痩せにくくなるため、ぽっこりお腹に悩まされる人も少なくありません。
痩せるためのポイントはいくつかあり、まず筋肉量を増やすことです。筋肉が必要な理由としては基礎代謝の向上がひとつに挙げられます。基礎代謝というのは何もしていない状態でカロリーを消費させるための働きで、ダイエットにおいて高めていくことが欠かせません。そのためには筋肉が必要であり、逆に言えば筋肉なくして効率的なダイエットは難しいのです。
筋肉量を増やすには筋トレが大切ですが、基礎代謝を高めるという観点で言えば、太ももを強化するのがひとつのポイントです。太ももは体の中でも特に大きな筋肉であり、ここを強化することによって痩せやすい体を作ることができます。お腹を引き締めるには腹筋運動がメジャーですが、お腹以外の部分からアプローチしていくことも大切なのです。
お腹痩せのためには有酸素運動も欠かせません。脂肪を燃焼させる効果的な運動であり、ジョギングや水泳、自転車などが有名でしょう。有酸素運動は筋トレとセットで行うことが推奨されますが、その際の順番にもポイントがあります。理想としては筋トレを先に行うことです。なぜなら筋トレを行うと体温が上がり代謝が良くなると共に、成長ホルモンが出やすくなることで、その後の有酸素運動の効果を高めてくれると言われているからです。したがって先に筋肉を増やす運動を行い、その後にジョギングなどを行うのが良いでしょう。
ダイエット成功の秘訣として、生活習慣の改善も欠かすことができません。特に食生活の改善は必須と言えます。摂取カロリーが多いようですとダイエット効果は落ちてしまいますので、カロリー制限をすることも考えた方が良いでしょう。なお、良質なタンパク質を摂取することで筋肉が増えやすくなり、ダイエット効率もアップさせることができます。