上半身よりも、下半身にぜい肉がついているという人は意外と多いものです。スラリとしたスタイルに憧れているものの、足だけ痩せるのはなかなか難しいと感じる人も多くいます。それに加えて足はむくみやすいので、余計に太ってみられがちです。デスクワークが多い人や立ち仕事が多い人は足をあまり動かさないので、夕方になるとパンパンにむくんでいることも珍しくありません。
そんな悩みを抱えている人には、日頃から筋トレやストレッチなどを行うのがおすすめです。一番手っ取り早くできるのは、自宅でも可能なスクワットです。スクワットは太ももを鍛えるのに最適な筋トレで、太ももに筋肉がつくことによって足全体に脂肪がつきにくくなります。太ももは筋肉が大きいので、消費されるエネルギーも多くなるからです。スクワットを行う時に気を付けたいのは、膝を曲げる時に膝が爪先よりも前に出ないようにすることです。爪先よりも膝が前に出てしまうと、膝を痛める原因にもなってしまいます。
ストレッチも血流やリンパの流れを良くするのに効果的です。血流が悪かったり、リンパの流れが滞っていたりすると、老廃物が溜まってむくみやすくなります。代謝も下がって脂肪もつきやすくなるので、綺麗な足を手に入れるにはきちんとストレッチをしてケアすることが大切です。お風呂上りなど体が温まった状態でやると、より効果が高まります。
そして、姿勢を良くすることも非常に重要です。猫背など姿勢が悪いと血流も悪くなり、下半身やお腹周りに脂肪がつきやすくなってしまいます。姿勢の悪さは肩こりや腰痛の原因にもなるので、気付いた時には背筋を伸ばして綺麗な姿勢を心掛けるようにしましょう。姿勢が良くなるクラシックバレエやダンスを習ってみるのもおすすめです。バレリーナはすたりとした足をしています。クラシックバレエは女の子の習い事として人気がありますが、大人になってから始める人もいます。バレエに興味がある人にはおすすめです。